読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うろうろしています。

最近は西埼玉とか東京とかうろうろしています。

セマーを観る。

どこに行っても気になるのはやっぱりその土地の音楽やダンス。

そう、トルコと言えばやっぱりベリーダンス
とりあえずこれは外せないとして・・・

 

もう一つ、ガイドブックを見て気になっていたのが「セマー」。
白い衣装でくるくるくるくる回る、旋回舞踊(?)です。

 

あれー、これどっかで見たような・・・?と思ったらコレでした。↓

 

実際には踊りというか宗教行為。メヴレヴィー教団のお祈りだそうです。

 

「回転は宇宙の運行を表し、回転することで、神との一体を図るというものである。」(by wikipedia)

 

よーしせっかくだから見に行ってみよう。
ガラタ古楽器博物館でも観られるそうなのですが、曜日が合わずこちらは断念。

VELTRAでホジャパシャでのショーを予約する事に。ワンドリンク付23.2EUROです。
ちなみにこれ、私ネットで予約したのですが、ホテルでも扱ってました。
もしかしたらそっちの方が安かったかな。。。(直接の方が更に安いのではと今更

 

17:00 シルケジ付近。

f:id:cotomo:20151206080445j:plain

会場はここから歩いておよそ5分。

 

開場は18:30。まだちと早い。という事で会場付近でうろうろです。

f:id:cotomo:20151206080517j:plain

気軽に入れそうなロカンタがたくさんあります。

 

f:id:cotomo:20151206080655j:plain

スイーツ屋さんもいっぱい。

 

f:id:cotomo:20151206080556j:plain

ディスプレイかわいい。

 

f:id:cotomo:20151206080823j:plain

海の方まで歩いてみる。うーん。サバサンドと潮の香り。
この雑多な港の感じ、ちょっと横浜ぽいかも。。。

 

18:30 開場

f:id:cotomo:20151206080857j:plain

時間になりました。入場。


2Fの待合に上がってコーヒーいただきます。
おー・・・ほぼ満席・・・。

f:id:cotomo:20151206081031j:plain

中は撮影禁止。そんなに広くはないです。

 

中央に踊り手さん用円形ステージ、およそ直径10m?
それを囲むように客席が配置されてます。
入口右側にはちょっと雛壇な楽隊さん用ステージ。

 

楽隊さんの演奏、歌に続き踊り手さんが現れます。
壁には経典の言葉でしょうか、パートごとに映し出されてます。


それにしても回る回る、もう心配になるぐらいずっと回ってます。
幻想的な照明の中、踊り手さんストイックに回り続ける。

 

向かいの子供が退屈そう。で、騒ぎださないか親御さんが心配そう。
奥さんに連れられてきたらしい若い男性もちょっとぼんやり。
単調なだけに興味がないともしかしたら辛いかもなー・・・

 

個人的には見てよかったです。
めっちゃカンドーとかいうより、静かに暖かくなる感じ。

 

人間には信仰が必要だと改めて思います。
何を信じる、信じない、じゃなくて、
まずは自分たちを包括している大きな「何か」を認める事なんだと思う。

 

宇宙に回らないものはない。彼らは回り続ける事で邪念を捨て無我の境地へ。

f:id:cotomo:20151206081515j:plain

私は今夜もビール→睡眠→無我の境地(?)へ。

 

 

アラブの音文化 〜グローバル・コミュニケーションへのいざない〜

アラブの音文化 〜グローバル・コミュニケーションへのいざない〜

  • 作者: 堀内正樹,水野信男,新井裕子,飯野りさ,樋口美治,樋口ナダ,小杉麻李亜,青柳孝洋,米山知子,谷正人,小田淳一,西尾哲夫,斎藤完
  • 出版社/メーカー: スタイルノー
  • 発売日: 2010/02/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る