うろうろしています。

国内小旅行の備忘です。東海地方を中心にひとりでうろうろしています。

お散歩・平湯温泉界隈【晩秋の飛騨高山その5】

今回は「ぎふの旅・県民割第二弾」を利用しまして、

奥飛騨平湯温泉+高山を訪問しております。

 

↓ 前回の備忘 ↓

cotomo.hatenadiary.jp

 


 

平湯温泉について

 

北に穂高、南に乗鞍、山に囲まれたこの地域には、各地に温泉が噴出しております。

奥飛騨温泉郷とも呼ばれる、中でも「平湯温泉」は一番歴史のある温泉街なのだそうです。

武田家臣が白猿に導かれてたどり着いたお湯、なんて伝説も残っています。

 

お宿はもちろん、高速バスも乗り入れている大きなバスターミナルがあるので、

登山や山遊び、湯治滞在への玄関口としても便利なロケーション。

 


 

散策備忘

 

お宿からの徒歩圏内を、のんびり散策の備忘です。

f:id:cotomo:20211119091124j:plain

 

こちらご近所のお土産物屋さん、「つるや商店」さんの噴泉地。(?)

f:id:cotomo:20211117170449j:plain

お昼にはこちらに卵が入ってる。。。はず。
黄身が固くて白身がとろとろ、のはんたい玉子はこの辺りの名物だそうです。

 

店内では平湯や飛騨の名産、地酒等のお土産はもちろん

お菓子やジュース、絆創膏などの日常品まで各種揃います。

(ちなみにぎふコインも使えます)

 

更にバスターミナルに向かって歩いておりましたら、

f:id:cotomo:20211119091110j:plain

これは。。。なんだろ、バスの停留所。。。?

 

万華鏡とありますが。。。

f:id:cotomo:20211119091113j:plain

 

下から覗き込んだらいきなりファンタジーワールドが。

f:id:cotomo:20211119091116j:plain

あああ、おっきい万華鏡だ!

 

横にある紐を引っ張ると、中に入れられたオブジェがごろんと回転、

違った景色が見られます。

 

国道158号安房峠越え平湯街道ルートはすでに冬季閉鎖中。

f:id:cotomo:20211119091128j:plain

後ろはカフェですが、訪問時は営業されてませんでした。ざんねん。

 

こちらバスターミナル前の宿泊案内所。

f:id:cotomo:20211119091132j:plain

 

そしてバスターミナル。

f:id:cotomo:20211119091136j:plain

 

新しくてきれいです。

f:id:cotomo:20211119091148j:plain

 

足湯やカフェも併設。

f:id:cotomo:20211119091158j:plain

残念ながら営業時間前につき閉鎖中、の平日朝8時半。

 

f:id:cotomo:20211119091209j:plain

テイクアウトのコーヒーやパンは朝から利用可能でした。

 

f:id:cotomo:20211130102829j:plain

売店も新しくて明るくてきれい。旅気分が高まります。

お土産はもちろん、ちょっとおしゃれな山歩きお役立ちグッズが多かったのも印象的でした。

 

yamasankaさんの山鳥カラビナとか。。。

山鳥 カラビナ ルリビタキ (メス ♀)

 

山の名前が入った衣類とか

乗鞍岳 オリジナル パーカ 書道家が書く プリント パーカ 【 百名山 】 壱.黒色パーカ x 白縦文字(背面) サイズ:XXL

その他レインコート、ポンチョ、クマよけホイッスル等々。。。

 

多分ここでしか買えない?

f:id:cotomo:20211119091215j:plain

濃飛バス×さるぼぼのオリジナルコーヒー。

車掌さんの制服もお似合い。。。

もうさるぼぼなんでもありですね。

 


 

さて、チェックアウトまでお宿でひとっぷろ、

時間までゴロゴロも魅力的なのですが、せっかくなので外湯にも挑戦。

公共露天と合掌造りの平湯民俗館にも行ってみたいと思います。

 

次記事に続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ