うろうろしています。

現在東海地方を中心にうろうろしています。

かんぽの宿 恵那【恵那峡を望む露天風呂】

かつての定宿「かんぽの宿 恵那」にて、今回日帰り入浴してきましたの備忘です。

f:id:cotomo:20210719102914j:plain 

実は2021年5月12日より、恵那市の対象施設においては

市民限定で「日帰り入浴施設割引キャンペーン」が行われております。

コロナで外出自粛、せめて地元のお湯でリラックス&免疫力アップとは

なかなか粋な計らい!

f:id:cotomo:20210719102924j:plain

1階の駐車場へ車を停めて

 

通路を渡って受付へ。 

f:id:cotomo:20210719102932j:plain 

あれ?販売休止。。。?

f:id:cotomo:20210719102943j:plain

 

結局2階フロントでの手続となりました。

f:id:cotomo:20210719102951j:plain

こちらは2階の休憩エリア

 

市民割引は通常価格より300円引き。

入湯料は700円との事につき本日のお支払い400円。。。

 

と思ってたのですが、促されるままにLINEのお友達登録した所、400円クーポンをゲット。

結果無料になりました。

えええいいんですか。。。?

 


温泉情報

 

温泉名:恵那峡温泉
泉質:単純弱放射能鉱泉(低張性-弱酸性-冷鉱泉
適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
痛風動脈硬化症、高血圧症、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病

 

お風呂の種類

岩風呂・露天風呂・打たせ湯・浮き湯・超音波風呂・リラックス湯・ミストサウナ等

 

温泉は源泉に加水・加温、及び循環ろ過式。
貸切の家族風呂は介護機能付きもあるそうです。

 

浴室内設備

洗い場:温度調節可・カラン、シャワーとも自動止水
石鹸類:シャンプー・コンディショナー・ボディソープ

 

更衣室内の設備
鍵つきロッカー・ティッシュ・ドライヤー・ハンドソープ・化粧水

 

その他館内設備

レストラン・ラウンジ・売店・室内喫煙所・休憩スペース・ゲームコーナー等 

 

館内設備は日帰りさんでも普通に利用可能と思います。

レストランは定休日があったり、お品によっては予約が必要。

入浴とお食事のセットもあるそうなので、詳細はサイトにてご確認下さい。

www.kanponoyado.japanpost.jp

 


 

ちょっと年季を感じさせる脱衣所の雰囲気ですが、

浴場内は 明るくて広くてきれいです。

 

そして露天風呂からは、例の観覧車や恵那峡大橋がはっきりと!

木々の隙間から、木曽川を周遊中の遊覧船も確認。

f:id:cotomo:20210723195903j:plain

※写真は春先に、恵那峡さざなみ公園から撮ったものです。

正面の観覧車と紅岩が、露天からも見えます。

 

こんなにいいロケーションだったんだ。。。

f:id:cotomo:20210306134844j:plain

中央ちょい左、一番高い場所に建っているのが今回お邪魔している「かんぽの宿 恵那」です。

 

改めて、宿泊の時のお風呂は夜の利用が多くて(川から向こうは真っ暗)

朝は朝で多分おしゃべりに夢中で、風景とかあんま見てなくって(一つの事しかできない病)

全然味わいきれていなかったんだなあ。。。

 

単純弱放射能鉱泉(弱酸性)との事で、アルカリ性のぬるすべ感とはちょっと違う感触。

さらっと、でもしっとり。

独特の温泉臭もございます。

 

そして、このところわりと多かったぬるめ設定に比べて、

どの湯船も普通に40度ぐらいな感じ。

敢えて夏に、このキリッと熱めもいいんですよね。

ああ木立の中で蝉が鳴いているー。。。

 

本日は時間の都合もあり、無料でお湯だけ拝借したのですが

次回はラウンジでお茶とかいただきつつ、のんびりお風呂上りの時間を楽しみたいなあ。(断酒中)

 

そしてコロナ明けたら家族と一緒にお泊り再訪!