うろうろしています。

国内小旅行の備忘です。現在は東海地方あたりをうろうろしています。

南国・宮古空港で感じる旅浪漫&歴史浪漫!

到着時にはゆっくりできなかった、宮古空港を暇に任せて探検の備忘。

 

お出かけの予定は今の所ないけれど。。。

空港やホテルって、その空間に立ち入るだけで旅気分盛り上がるなあ、と

姉妹ブログで既出はホテルランチビュッフェからの続きです。

 

↓ ホテルのランチビュッフェでリゾート気分の備忘 ↓

cotomo.hateblo.jp

 


 

周囲の緑と外観からも溢れる南国の雰囲気。
赤瓦葺き風の屋根が特徴、3階建のこじんまりとした空港です。

 

ああ、今改めて、マレーシアと感じ似てるって思い出しました。。。

↑ 写真は【お散歩記録】クロックタワー周辺 - テリマカシ。より ↑

 

南国つながり、というか建物もですけど周辺の植物の感じとかかしら。

 


 

空港概要

 

現在の建物は新ターミナルビルとして、1997年から使われております。

就航は国内線のみ。


東京、名古屋、大阪、那覇、多良間、石垣へ向けて運航。
航空会社はJALANAJTA(日本トランスオーシャン)、RAC(琉球エアーコミューター)の四社が乗り入れています。

 

1階が到着ロビーと観光案内その他

 

2階には出発ロビーとレストラン、おみやげ物屋さんがひしめいてます。

 

3階は展望デッキ。離陸を待つ飛行機が間近に見られます。

 


 

ざっくりとその歩み

 

この地に空港ができたのは戦時に遡り1943年。
海軍平良飛行場として建設されました。


その後アメリカ統治下の時代を経て1973年に返還。
新しくターミナルを建設し、滑走路を整備し、
1989年にはついに東京との直行便が就航。
その後建物は新ターミナルビルになり、現在に至ります。

 

歴史を感じるー。。。

ぜーんぶ貝殻でできたシーサーは1階到着ロビーでお出迎え。

 


 

徘徊inエアポート

 

それにしても1997年生まれってこんなセピアな感じになるんだな。。。

2000年とか聞いてもすごく最近としか感じないお年頃

 

レストラン、おみやげ物屋さんもレトロな雰囲気。


使い込まれた建物と蛍光灯と低い天井。


繁忙期これ大丈夫かしら。

搭乗手続きの長い列をぼんやり眺めながら、帰りは余裕を持って来場しようと思うの午後。

 

展望デッキで飛行機眺めて


A&Wで久々のルートビア

 

↓ マレーシアでお邪魔しましたの思い出 ↓

cotomo.hatenadiary.com


派出所の宮古島いたる氏に見送られ、空港を後にいたします。

次回帰省時また会おう!

 


 

おまけ

 

1943年に飛行場できた、と書いたのですが
もちろんその前からここに住んでた方はいらした訳で。。。

戦時あるあるですが空港建設の為に強制退去させられていたのですね。
今は心の拠り所としての御嶽のみが残されています。

 

空港前の大通り沿いすぐに、こんもりガジュマルの茂み。


モニュメント的に何かあるとかではないですが、80年前に在りし人々の生活を想像し
今回もただ手を合わせてご挨拶させていただきました。

 

そしてご神木は、それをずーっと見守ってこられたのだなあ。。。


お邪魔してます、ありがとうございます。

これからしばらくもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ ブログランキング・にほんブログ村へ