うろうろしています。

現在東海地方を中心にうろうろしています。

道の駅 きりら坂下【お蕎麦と木曽川と花馬祭り】

車移動の強い味方、道の駅。

今回は何度か立ち寄っている、岐阜県中津川市坂下の、

「きりら坂下」について備忘上げさせていただきますー。

f:id:cotomo:20210630102531j:image

そこそこ年季入ってるので、ピカピカ最新という訳にはいきませんが

役割は十分に果たしている感じだと思います。

 


当駅の特色(not公式)

  1. 木曽川沿いに遊歩道
  2. そば打ち、饅頭作りなどの体験プログラムあり
  3. そばがおいしい

 

1. 木曽川沿いに遊歩道

f:id:cotomo:20210630102440j:image

さほど長くはない、そしてちょっと草ボーボーな箇所もありますが。。。

 

f:id:cotomo:20210630102500j:image

f:id:cotomo:20210630102416j:image

逆にちょっと安心するような素朴な雰囲気がすてき。

 

子供向け遊具もあります。

f:id:cotomo:20210630102456j:image

f:id:cotomo:20210630102422j:image

 

可愛い紫の花、っていうかこれ茄子じゃないですか?

f:id:cotomo:20210630102427j:image

 

2.そば打ち、饅頭作りなどの体験プログラムあり

そば打ち体験は要予約、所要時間約1時間、
お値段二人前3000円からとの事。

 

↓ 公式より ↓

kirira-sakashita.jp

 

ちなみに体験は施設二階の各会議室(?)で行うもよう。

f:id:cotomo:20210630102408j:image

 

3.そばがおいしい

f:id:cotomo:20210406125244j:plain

こちらはレストランでいただいた天ざるそば。

しっかりとしたお蕎麦とさっくさくの天ぷら、ほんとおいしかったです!

 

レストラン入り口

f:id:cotomo:20210630102337j:image

f:id:cotomo:20210406124121j:plain

レストランはまだ新しくて、奥のテーブル席からは遊歩道越しの景色が臨めます。

春を切り取ったような窓からの風景、素敵でした。

 


その他の備忘

 

 体験道場のある二階に、昭和のアレコレが並んだスペースがございました。 

f:id:cotomo:20210630102404j:image

数はそれほど多くはないですが、懐かしかったり、少し怖かったりな色々が

ガラスケースに収められていました。

 

広々とした売店には地元のあれこれがたくさん。
f:id:cotomo:20210630102332j:image

おそばはもちろん、地元中津川や岐阜のアレコレ。。。

 

木工製品や

f:id:cotomo:20210630102356j:image

 

鬼滅柄って。。。
f:id:cotomo:20210630102349j:image

所謂便乗商法

 

坂下では毎年10月に花馬祭りが行われています。

f:id:cotomo:20210630102521j:image


f:id:cotomo:20210630102341j:image

こちらの道の駅から少し行った所に、坂下神社という神社がございまして、

かの木曽義仲が幼少よりそちらによくお参りに行ってたそうです。

 

その後義仲が出兵、平家追討、征夷大将軍を賜った事を、地元がお祝いした事が

この花馬祭りのはじまりだそうです。

youtu.be

 
その他にも今でも続く地歌舞伎や、

今では続いてないフォークジャンボリーや、
f:id:cotomo:20210630102400j:image

何気に情報盛りだくさんの坂下。


全天候型屋外休憩スペースの
f:id:cotomo:20210630102436j:image

 

向こうにはローカルスーパー。

f:id:cotomo:20210630102526j:image

駐車場は共通。

旅行者にもコンビニ感覚で利用できて便利かもです。

 


個人的な疑問

 

実は駅名の「きりら坂下」を、ずっと「きらり坂下」だと思ってて、

キラキラしてるかんじなのね!って想像してたんですけど

そういう事じゃなかった。。。(恥

 

それはそうとして、じゃあ「きりら」って何?

と思って調べてみたら、国土交通省の道の駅紹介にこんな一文が。

 

道の駅「きりら(木曽、リバーサイドの略)」はその名のとおり、木曽の右岸に位置し、木曽川や周囲の山々の四季の中に溶け込んだ施設です。

(原文まま)

 

木曽、リバーサイドの略ってありますよね。

 

き→木曽

り→リバーサイド

ら→。。。

 

らは何?

 

「ら」はなに?

(複数形?)

 

ご存知の方、ぜひご連絡お待ちしております。。。