うろうろしています。

現在東海地方を中心にうろうろしています。

道の駅 美濃白川【癒しの茶と湯】

本日の立ち寄り道の駅は、岐阜県加茂郡「道の駅 美濃白川」でございます。

場所的には多治見と下呂の中間ぐらい、になるのかな。

f:id:cotomo:20210714200637j:plain

白川、と聞くと「白川郷」の大野郡白川村を思い出してしまうのですが、

全然違う場所です。ご注意。

 


当駅の特色(※個人的な意見です)

  1. 温泉併設
  2. おいしい白川茶
  3. 地元白川の野菜市場

 

1. 温泉併設

施設内にその名も「道の駅温泉」という、日帰り入浴施設がございます。

こじんまりしたお湯ですが、運転の疲れを癒すには最適!

入湯料は大人550円です。

f:id:cotomo:20210714200744j:plain

 

温泉情報

泉質:アルカリ性単純硫黄温泉
適応症:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復

 

更衣室内の設備

ロッカー:100円返却式

備品:ペーパータオル・ドライヤー・ハンドソープ

 

浴室内設備
露天:温泉露天風呂・壷湯

浴場内:内風呂

洗い場:温度調節可・カランは自動止水、シャワーは手動止水

石鹸類:リンスインシャンプー・ボディソープ

f:id:cotomo:20210714200910j:plain

しっとりやわらか、ほんのり硫黄の香りで無色。

湯の花がふわふわ、よいお湯でした。

 

コロナでない時は無料で白川茶のサービスがあったようなのですが、

現在お休み中との事。

残念。。。

 


2. おいしい白川茶

 

全国的に地名度は低い感じですが、実はこの辺り、

お茶の生産については国内北限に近いそうです。

f:id:cotomo:20210714201004j:plain

言われてみればそうですね、宇治も静岡ももっと南ですもんね。。。

 

コーヒーベルトならぬティーベルト。。。

やはり昼夜の寒暖差がしっかりある事が大事だそうです。

 

お茶の葉詰め放題エリアには、お茶のいい香りが立ち込めてました。

一瞬だけマスクずらしてくんくんしてきました。

癒されます。

f:id:cotomo:20210714200543j:plain

菊の園さんのイメージキャラクター。

左から黒川焙(ほうじ茶の精霊)
白川きくの(白川の茶畑の精霊のお姫様)
赤川玄(玄米茶の精霊)だそうです。

 

f:id:cotomo:20210714201906j:plain

彼女もいい感じだと思います。



 3. 地元白川の野菜市場

 

温泉や売店のお向かい、国道を渡った側にある「白川野菜村チャオ」では

地元の新鮮野菜を購入できます。

f:id:cotomo:20210714202404j:plain歩道橋でどうぞ
 

白川町の農家さんが作った野菜「しか」おいてない

+全て生産者の名前入り、との事なので新鮮と安心は間違いなしな感じです。

f:id:cotomo:20210714202346j:plain

写真は市場ではなく、ピアチェーレ側の売店にて。

きれいでおいしそうでした。

 


その他の備忘

レストランでモーニングいただいてみました!

f:id:cotomo:20210714202612j:plain

 

広々懐かしい雰囲気の店内で、小倉トーストとサラダ(白川ハム入り)とスクランブルエッグです。

f:id:cotomo:20210714202633j:plain

サービスは10:30まで、ちなみにブレンドは400円。

 

懐かしいついでのBGMは洋楽70's(80's?)

  

飛騨路の入り口、やはり木曽檜の木工細工です。優しい手触りにほっこり。

f:id:cotomo:20210714202820j:plain

 

こちらは野菜市場のお隣、「てまひま」のイメージキャラクター。。。

f:id:cotomo:20210714200522j:plain

かどうかはわかりませんが、もしかしたらちょっと拝む感じなんでしょうか。

敢えてのマイナスポイント

スタッフさんもフレンドリーで、素敵な施設なんですが、

個人的にお願いするとしたら、お掃除をもうちょっとだけ頑張っていただきたい。。。!

特にお手洗い、温泉施設の水周りなどの目立つ汚れは、経年劣化と諦めずあと一歩、

プロ意識を持って取り組んでいただきたいと感じた次第。

(偉そうにスイマセン)

 


白川茶の試飲サービス、近く再開されるといいですね。

また機会があればよらせていただきます!