うろうろしています。

国内小旅行の備忘です。東海地方を中心にひとりでうろうろしています。

恵那市 林昌禅寺 【八百万に神頼み9】

既出らっせいから岩村明智方面へ向かう道すがら、

いつも気になっていた「爪切り地蔵」の幟。

 

刃物の神様でもお祀りしてるんかしら。。。

お肌も心も秋風で乾燥中につき、久々に神頼み(というか仏頼み)に行ってまいりました。

 


 

f:id:cotomo:20211107212755j:plain

駐車場に車を停めて本堂に向かいます。

まず目に入るのが、こちらの真っ白な観音様。

 

f:id:cotomo:20211107212751j:plain

もみじをバックに美しいです。

 

f:id:cotomo:20211107215020j:plain

通称ぽっくり観音。

願うはQLの高い余生、です。

 

※99歳と言えば瀬戸内寂聴さんがお亡くなりになりましたね。。。

長寿のお祝いは数えとの事なので、白寿ではなく百寿ですが、ふと思い出し。

ご冥福をお祈りいたします。

 

ちなみに観音様の足元にいる二人は、その頭身から子供かと思いきや、

よく見たらおじいちゃんおばあちゃんでした。

そっか、ぽっくり観音だもんね。

 


 

f:id:cotomo:20211107215002j:plain

Data of 林昌禅寺

宗派:曹洞宗 医王山
総本山:永平寺総持寺
御本尊:南無東邦薬師瑠璃光如来

 

ご利益(?)は多分健康長寿。(お薬師さんだし。。。)

 

いわれとか

元々この地に瑠璃光寺というお寺があったのですが、

武田の戦火で焼失、その後に林昌禅寺が建立されたそうです。

f:id:cotomo:20211107215037j:plain

戦でお寺が燃えちゃった時、お薬師様は裏山(?)に飛んで避難したそうです。

お帰り願って、現在お祀りさせていただいていると。。。

 

爪切地蔵とは

草伯というお坊さんが久保原村へ来訪、村人が草庵を建ててお迎えしました。

ある時草庵に1人の老僧が訪れ一夜の宿を借りました。

翌朝この老僧の姿はなく、一枚岩の地蔵菩薩像が傾いたまま立ってました。

 

「こんなん昨日なかったやん!絶対ゆうべのおじいさんやん!道具とかないやん!」

「どうやって。。。や、これ爪で彫っていかれたんだわ!」

「こんなんできるのお大師さんしかおらんやん!」

 

お地蔵様は草伯によって「爪切地蔵」と名付けられ、草庵に大切に安置されたそうです。

wikiより抜粋、及び公式パンフレットより創作(オイ

 

ちなみに傾いたのまっすぐに直すと災いが起こるそうです。

(理由は不明)

 

といいますか、行っておいて何言ってんのって感じですが

どれがそれだったんだろう?

 


 

f:id:cotomo:20211107215047j:plain

こちらは六地蔵様。

 

f:id:cotomo:20211107214911j:plain

六道のいずれの者へも救いの手を差し伸べて下さる、

ありがたーい菩薩様です。

※六道=天道・人間道・修羅道畜生道・餓鬼道・地獄道

 

f:id:cotomo:20211107215059j:plain

み。。。耳が痛い。。。

 

更にこちらは可愛らしい二頭身の七福神

f:id:cotomo:20211107214950j:plain

 


 

奥へ進むと小さいながら立派な山門。

f:id:cotomo:20211107212746j:plain

f:id:cotomo:20211107214928j:plain

中央の鐘はコロナ消滅、もちろん鳴らしてきました。

 

f:id:cotomo:20211107212741j:plain

f:id:cotomo:20211107214940j:plain

ちなみにご本尊様とこの山門は恵那市の指定文化財だそうです。

 

お寺さんなのでもちろんお墓もあります。

山門すぐ脇の墓石は兵隊さんの物のようです。

ありがとうございました。南無。

 

山門くぐって本堂と

f:id:cotomo:20211107214957j:plain

 

向かって左に離れのカフェスペースと

f:id:cotomo:20211107212801j:plain

 

向かって右に納経受処。

f:id:cotomo:20211107212824j:plain

f:id:cotomo:20211107212807j:plain

 


 

美しく整備された素敵なお寺でした。

こんな場所があったんだなあ。。。

 

この後カフェでお茶して、本堂でなむなむして

再訪を約束して門を後に致しました。

 

ささくれに美しい言葉が染みる秋、

ナナメるは爪切り地蔵さんにお任せして、これからも背筋伸ばして

ぽっくり目指したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ